トップ

医師のやりがいと開業

転科をする医師が考えている事 

医師の中には、ファーストキャリアとして選んだ診療科を働いていく中で変える人もいるようです。診療科を変えることを転科する、と言いますが、その理由は一体どういったものなのでしょう。一番多い理由として挙がるのは、他の診療科への魅力を感じた、という事だそうです。もっている専門の分野へのマイナスの感情ではなく、前に進もうとするプラスな気持ちから転科する医師が多いということは素晴らしいことですね。こういった興味が湧くのは、患者の数が多い科だったり、開業のためだったりするようです。今までの専門を変えるというのは難しいことではありますが、診れる患者が増えるという面で、医者にも患者にもメリットの有ることでしょう。ちなみに、転科を考えたことがある医者は、全体の中で18.3%ほどであり、また実際に添加したことのある人は16.7%だそうです。転科を考えたことのある人は、ほとんどが実際に行動に移している、という事がわかりますね。

他の診療科への興味と魅力 

医師の転科の理由の中には、先ほど記述した、他の診療科への興味以外にもあるようです。専門の科によっては、体力的にとてもハードなところもあり、体力的にその科で働き続ける事が難しい、という理由での転科もあるようです。また、以外にも、人間関係に悩んで転科をする人もいるようですね。転科をして大きなメリットを得られると感じ、行動に移す人が多いようですが、変化には不安もつきものです。専門の科を変える際に最も不安なことは、新しい診療科における技術と知識の習得です。一度詳しく知った専門の分野を離れ、新しい事を学び直すことはもちろん大変な作業です。また、新しい科を学んでもその認定医の取得が出来なければ仕事が出来ないことになります。しかし、その苦労を乗り越えられると、より患者の幅を持てる人材となりますし、医師としてスキルアップしたとも言えるでしょう。医師は、転科するメリットとデメリットを天秤にかけ、じっくり考えた上で行動に移しましょう。

医師の転科に関する情報

新着情報